ルリ子ママが指南する栄養満点スーパーフード・スピルリナの教科書  »  気になる疑問を解決!スピルリナQ&A  »  スピルリナとユーグレナって何が違うの?

スピルリナとユーグレナって何が違うの?

このページではスピルリナとユーグレナの違いについて紹介していきます。

似ているようで違うスピルリナとユーグレナ

スピルリナとユーグレナ(ミドリムシ)ともに藻類の一種で豊富な栄養素を含んでいるという共通点はありますが、色や形、大きさが異なります。

その中でも大きな違いは、含まれている成分なので、スピルリナとユーグレナの含有成分についてみてみましょう。

同じ藻類に分類されるユーグレナとスピルリナ。「なんだか違いがよく分からない…」と感じている方もいるかもしれません。

ユーグレナとスピルリナの共通点は、光合成をする藻類の一種で、ビタミンやたんぱく質、ミネラルなどの栄養を豊富に含んでいる点が挙げられます。また、どちらも植物でありながら、動物としての性質を持っている点も非常によく似ている点と言えるでしょう。

両者で大きく違うのが、まず見た目です。

ユーグレナは、ミドリムシで、楕円形の形をし、水中を移動するための鞭毛を持っています。大きさは、種類によっては異なりますが、標準的な品種では、体長約30μmほどと言われています。

体内に光合成をするための葉緑体を持っているため、色は緑色をしています。

ユーグレナはミドリムシを含む単細胞真核藻類の一種で、動物と植物の中間的存在である。植物的な性質として、体内に葉緑体を持ち、光合成による独立栄養生活を営むことができる。また、動物的な性質として、鞭毛により水中を移動可能であり、光に向かう性質(走光性)がある.〜中略〜ユーグレナの種類としては標準的な Euglena gracilis Z(Photo. 1)と呼ばれる種類で、体長は約 30μm である。

出典:(PDF) 「ユーグレナを用いた光合成コンクリートの二酸化炭素固定性状」セメント・コンクリート論文集,65(1),2011 [PDF]

一方、スピルリナは青緑色をしていて、体長は約300〜500μm。横幅は5〜8μmです。ユーグレナよりも10倍ほど大きいことから、スピルリナはユーグレナよりも収穫しやすいと言われています。また、らせん状の形なのがユーグレナとの大きな違いです。スピルリナという名称は、このらせん状の形からきています。藍色の色素、フィコシアニンを持っているため、ユーグレナよりも青みがかった色をしています。

スピルリナは,利用補助食品としてよく知られている。最古の生物と言われるシアノバクテリアの一つで、こう合成色素としてフィコシアニン(藍色)を持つ。〜中略〜青緑色,幅5〜8μm,長さ300〜500μmで,らせん形をしている。

出典:(PDF) 「光合成教材としてのスピルリナの培養法(私のくふう)」化学と教育,50(11),2002 [PDF]

スピルリナ

スピリルナの特有成分としては、フィコシアニンという青色色素が含まれていることです。このフィコシアニンは、活性酸素の除去や免疫力アップ、さらには抗炎症作用などが期待できると言われています。

また、栄養素としては、60種類以上を含みビタミンやミネラル、γ(ガンマ)リノレン酸、タンパク質として必須アミノ酸などを含んでいます。食物繊維を多く含むため、植物性だとも言えます。

それから、スピルリナの消化吸収率は2時間で95%と非常に高く、体内にも吸収されやすいのが特徴の1つです。さらに、スピルリナはアルカリ性の食品になります。

ここで、いくつかスピルリナの持つ健康作用について学術的に検証・立証されているものをご紹介してみましょう。

例えば、有効成分「フィコシアニン」には高い抗酸化作用があることがわかっています。抗炎症作用や、動脈硬化、がんなどの予防作用があることも報告されており、未病予防の健康食品として、スピルリナは注目されています。

先に述べたように,フィコシアニンは.クロロフィルやβ-カロテンと共に光合成色素としてスピルリナに比較的豊富に含まれる。〜中略〜中央C-10のH元素をフリーラジカルに与えることにより、スカベンジャーとしての抗酸化作用を示す。

出典:(PDF) 「サプリメントとしてのスピルリナの機能研究」日本食生活学会誌,18(1),2007 [PDF]

スピルリナはそもそも、その栄養面から注目を浴び、健康食品として商品開発が進められたスーパーフードです。

たんぱく質や鉄分などのミネラルの供給源として活用できる一方で、コレステロール低下やダイエット効果などに関する有効性については、まだまだわかっていないことがあるのも事実。

普段の食生活で足りない部分を補うための存在として、上手に生活に取り入れるのがオススメです。

スピルリナは、マイクロアルジェ (微細藻類) と呼ばれる小さな藍藻の一種で、熱帯のアルカリ度の高い湖などに自生している。地球上に最初に出現した原始的な原核生物であるといわれ、その一つを顕微鏡で見ると、らせん状をしているので、ラテン語で「らせん」を意味するスピルリナと名付けられた。クロロフィルを持ち、光合成を行う。1970年代に健康食品素材として登場して以来、その栄養面から注目を浴びた植物プランクトンであり、主にたんぱく質やミネラルの優良な供給源とされている。俗に、「コレステロールを低下させる」「体重を減少させる」と言われているが、ヒトでの有効性については信頼できるデータが見当たらない。

出典: 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所『「健康食品」の素材情報データベース』

ユーグレナ

ユーグレナに含まれる特有成分として、パラミロンがあります。この成分は、余分な油や悪玉コレステロールを取り込んで排出する働きがあるのです。

また、ビタミンやミネラルの他にもDHAやEPAといった動物性の59種類もの栄養成分をバランスよく含んでいるのも特徴です。

ユーグレナの消化吸収率もスピルリナと同様に93.1%と高く体内に吸収されやすいのです。(時間は公表されていません。)

新たな健康食品として注目の集まるユーグレナですが、ユーグレナの持つ健康作用として、免疫賦活作用や肝臓保護効果、アトピー性皮膚炎の発症抑制などが報告されています。

ユーグレナは,藻類に分類される単細胞生物である。植物学と動物学の双方の分類表に記載されており,光合成を行うだけでなく移動することも可能である。〜中略〜これまでの報告では,ユーグレナに含まれる難消化性の多糖であるβ-1,3-D-グルカンの一種であるパラミロンによる効果が明らかになっている。例えば,パラミロンにはサイトカインが関係する免疫賦活作用,急性肝障害に及ぼす肝臓保護硬化,坑ヒト免疫不全ウイルス(HIV)作用及び抗菌効果があることが報告されている。

出典:(PDF) 「スギ花粉症モデルマウスにおけるユーグレナの効果についての検討」日本食生活学会誌,24(3),2013 [PDF]

このほかにも、花粉症モデルマウスを使った、スギ花粉症症状の抑制効果を調べた研究ではユーグレナの摂取が花粉症症状の緩和に貢献する可能性も示されています。

光合成をする植物でありながら、動物としても分類される不思議な存在のユーグレナは、健康補助食品としての活用以外にも、バイオディーゼル燃料としての活用など様々な分野の活用が期待できる存在として、世界中で研究が進んでいます。

栄養成分・消化吸収性の高さで選ぶならスピルリナ

スピルリナもユーグレナもともに豊富な栄養素を含んでいます。しかし、栄養のバランス・消化吸収の面から考えたらスピルリナの方が良いようです。

また、国内において低コストで生育できているのもメリットとしてあげられます。

ユーグレナの場合、商品価格が高いことが、デメリットです。それに、100%の商品が出回っていないのもマイナス点としてあげられます。

国産のスピルリナサプリ3

スピルリナスティック

スピルリナスティック商品画像

1日分の価格

150円

1日の摂取量

1袋(1.25g)

形状

粉末

独自製法でスピルリナ特有のニオイを緩和!1日たった1袋で充分な栄養素を補ってくれる優秀商品です。

公式サイトを見る

ハイ・ゲンキ

ハイ・ゲンキスピルリナ商品画像

1日毎の価格

173円

1日の摂取量

3~6袋(3.5g)

形状

顆粒

玄米酵素とスピルリナが一緒に摂れる!妊婦さんの間でも話題の食べやすい顆粒状サプリメント。

公式サイトを見る

不老藻

不老藻商品画像

1日毎の価格

160円

1日の摂取量

20粒

形状

錠剤

沖縄久米島の海洋深層水で栽培したミネラルが豊富なスピルリナ。国産の錠剤サプリはこれだけ!

公式サイトを見る
ルリ子ママが選ぶ! スーパーフード スピルリナ チェックする

奇跡のスーパーフード
スピルリナの特徴

日本で人気の
スピルリナサプリメント
口コミ特集

続きを見る

お味はどう?
注目のスピルリナサプリの
飲み方お試し会議

栄養不足なOLが
効果をレポ!
スピルリナサプリ
2か月飲んでみた!

ルリ子ママの
スピルリナお料理教室

スピルリナに
期待できる効果効能

気になる疑問を解決!
スピルリナQ&A